大東市、四條畷市の土地、戸建て売却は【大東・四條畷不動産売却エージェント】へ

失敗しない住み替えのポイントとは?

「住み替え」とは、いまの住まいを売って、新しい住まいへ引っ越すこと。つまり、住まいの売却と新居の購入を合わせた言い方です。ひと口に「住み替える」といっても、どのタイミングでいまの住まいを手放すのか、どういった順序で住み替えを進めればよいのかなど、疑問や不安は尽きません。そこで今回は、売主様を悩ませる「住み替え」について、その方法やメリット・デメリットを見ていきましょう。

<住み替えの2つの方法>

住み替えをするときには2つの方法があります。1つは先に新居を購入してから今住んでいる家を売りに出す「買い先行型」と呼ばれる方法。もう1つは先に住まいを売って後から新居を見つける「売り先行型」という方法です。

どちらにも良い点がありますが、いずれの方法を取るにせよ、タイミングよく住み替えを行うことが出来なければデメリットが生じます。二重ローンを組む羽目になってしまったり、仮住まいが必要になり、本来しなくてもいいはずの引っ越しを重ねなければならなくなったりと、身体的にも経済的にも負担がかかってしまう事態に陥る懸念があるのです。

住み替えにおいて大事なのは、「費用を無駄なく抑えること」なのか「新居へのこだわり」なのかなど、売主様ご自身にとって大切なことはなにか、ということをはっきりさせておくことが必要になります。

<新居探しを優先する「買い先行型」>

買い先行型の最大のメリットは「新居を妥協せずにゆっくりと時間をかけて選ぶことが出来る」という点でしょう。新居をじっくりと選び、「これ!」という物件が決まってから現在の住まいを売りに出せばいいため、費用のことより新居にこだわりたい人にお勧めの方法です。

また、あらかじめ次に住む家が決まっている状態となるので、仮住まいを考える必要もありません。仮住まいにかかる費用や引っ越しの労力を省けることもこの「買い先行型」の大きな魅力の1つです。

その一方で、新居が決まったあと、残債が残っているなどの理由で、なるべく早くいまの住まいを売却したい場合、デメリットが生じます。ベストは新居の入居日までにいまの住まいが売れること。それを実現するためには、いまの住まいの価格の値下げを迫られる心配があります。また、まだいまの住まいのローンが売れるであろう売却想定価格よりも多く残っている場合、二重ローンを背負うことになり、売主様の負担が増える可能性があるのです。

<いまの住まいの売却を優先する「売り先行型」>

売り先行型の一番の魅力は「いまの住まいを売却した代金を、新居の購入資金に充てられる」というところです。多くの人が、住まいを売ったお金で残債を一括返済し、余ったお金を新居の購入資金に充てる、という方法をとっているため、実は、この「売り先行型」が一般的な方法と言えます。

また、売主様の事情さえ許せば、買い先行型とは反対に「いつまでに売りたい」という明確な期限を設ける必要がありません。そのため、自分の希望する価格で売却するため、強気な交渉をすることも可能になります。

売り先行型のデメリットとしては「仮住まいが必要になる可能性がある」という点です。いまの住まいが売れた後、新居が速やかに見つからなければ、一時的に住むための仮住まいを手配しなければなりません。いったん仮住まいに移るための引っ越し費用や労力が余計にかかることにもなるわけです。

このように、それぞれの方法にはメリット・デメリットが存在します。売主様一人一人、異なった価値観を持っているため、どちらの方が良いとは一概に言い切れません。

とはいえ、住み替えは人生のうちでそう何度もあるものではありません。しかも、多額のお金が動くため、絶対に失敗はしたくないもの。住み替えをお考えの売主様は、経験豊富な不動産会社に相談することをお勧めします。優れた不動産会社なら、これまで培ってきた豊富な経験と知識から、売主様ひとり一人に合った、ベストな方法を親身になって提案してくれるはずです。

「どの会社に相談すればいいのかわからない」「ほかにも住み替えについて意見を聞いてみたい」と考えている売主様は、是非一度当社までお気軽にご相談ください。大切なご家族のためにも、一緒に住み替えを成功させましょう!

当社の売却物件を探しているお客様情報販売事例不動産売却コラム売却査定
大東・四條畷不動産売却エージェント

ラリーケー株式会社

大阪府知事免許(1)第60840号

〒574-0021
大阪府大東市平野屋新町1-44
TEL:0120-95-1822


営業時間:10:00 AM - 7:00 PM
定休日:水曜日、年末年始

Copyright © All rights Reserved byラリーケー株式会社