売却について

不動産会社の選び方How to choose a real estate company

売主様の資産である大切な不動産。その大切な不動産の売却をする上でのパートナー選びは、売却活動の第一歩となります。不動産会社の数は、全国で125000社以上と言われており、どのような基準で選ぶべきなのかわからない方も多いでしょう。
大阪府大東市に店舗を構えているラリーケーホームが適切な不動産会社の選び方をご紹介します。
まずは、ポイントを抑えて、信頼できる不動産会社に売却をお願いしましょう。
1:ネームバリューではなく、信頼と実績
不動産会社には、それぞれのカラーがあります。全国に名前の知れ渡っている不動産会社。地元で長年実績のある不動産会社。
まずは、大手思考の先入観を持たず、売主様の話しをしっかりと聞いてくれることが大切です。
また、各不動産会社には、得意・不得意分野を持ち合わせており、売却予定の不動産について、充分な知識と実績があるかどうかも確認しましょう。
2:営業担当者は、丁寧、迅速、安心の3拍子揃っている
一般的には、初回の査定担当者=営業担当者となるケースが多く、余程のことがない限り正式依頼で担当が変わることはありません。
机上査定や、訪問査定時の担当者の説明の丁寧さと、対応の早さは、売却活動を行なっていく上での信頼にも繋がってくるでしょう。
不動産の売却は、税金、保険、ローンなど様々な分野の知識も必要となります。売主様の相談の窓口になる信頼のできる営業担当者が安心できる要素となります。
3:物件を査定する能力
訪問時に家の隅々までチェックさせて頂くのが訪問査定です。家のチェックをせずに、商談を始めたり、媒介契約書の締結を強引に勧めて来るような担当者は要チェックです。
また、他業者の悪口を言って、勧誘を行うような業者にも気を付けましょう。
4:査定価格などの提案の説得力
不動産会社は常にアンテナを高く持つ必要があります。近隣相場はもちろんですが、競合物件の把握、空き地や開発地域など、誰よりも早く情報を手に入れ知識を持つことで、不動産の査定額の根拠ともなります。不動産の価格だけではなく、他分野の情報も網羅しているかもチェックしましょう。
5:販売活動が積極的
店頭来店をしたお客様だけに不動産物件を紹介するだけでは、売却はできません。
誰もが早期売却を目指すはずです。そのためには、積極的に潜在的な顧客にアプローチをかけていく必要があります。
また、不動産会社によっては、両手仲介を受領するために、自社だけで囲い込みをする仲介会社も存在します。
不動産会社は、媒介契約を締結した不動産を「レインズ」(不動産流通機構)に登録し、情報を公開しなければいけません。
売却をお願いする上で、どのような活動方法があるのか具体的に確認をしておきましょう。

査定評価のポイントPoints of assessment evaluation

売主様が一番気になるのが、不動産の査定価格です。これから売りに出す不動産が「いくらで売れるのか」を算出することが不動産査定です。
ラリーケーホームは、大阪府大東市、四條畷市を得意エリアとしている地域密着の不動産会社です。
地域密着ならではの査定評価のポイントや、不動産査定の流れをご紹介します。
査定の流れ 売主様のやること
ステップ1:事前準備 査定時には不動産の情報や、資料を求められることがあります。予め準備をしておくことで、スムーズに進められるので、把握しておきましょう。●物件の所在地や築年数、専有面積などの不動産情報
●不動産の名義人
●売却予定時期
●ご本人の確認書類
●登記権利書
●固定資産税納税通知書
ステップ2:売却のご相談と訪問日の予約 準備が整ったら、不動産会社へ査定依頼をしたい旨の連絡をしましょう。
その際に、ステップ1で準備をした不動産情報を伝えてください。
また、現在空き家の不動産の場合でも、立会いを求められるので、必ず訪問日の日程調整をしましょう。
ステップ3:現地調査 訪問査定日には、不動産の内外を市場調査させていただきます。査定時にご近所に知られないように、配慮致しますので、ご安心ください。
ステップ4:査定価格の算出 訪問査定時の調査と、取引事例、市場価格など、様々な角度から、査定価格を算出します。この時、質問や不明点があればお気軽にご相談ください。

ここを見ます!不動産査定時の評価ポイントEvaluation points

立地条件 最寄駅からの距離が近く、利便性が高い地域は、評価が上がります。また、最寄駅だけでなく、生活の利便性、通勤が通学に便利な場所は高評価となります。
間取り・広さ 使いやすい間取りはもちろんですが、収納スペースや、生活動線も評価に繋がります。悪臭や、床の傷なども、チェック対象となります。
築年数・構造 特に、築年数が経過している建物は、耐震基準を満たしているかの構造をチェックします。
階数・方角 マンションタイプは、周辺に日当たりを遮る建物がないことや、眺望が良いことがプラスの評価となります。
共用部分 マンションタイプは、セキュリティ対策や、共用部分の設備の充実性も評価対象となります。
駐車場 1世帯に1台の駐車場が、敷地内に確保できることを確認します。
水回り設備 一戸建てに多いのですが、キッチン回り、バスルームなどの水回りの劣化をチェックします。グレードの高い設備がついている場合は、査定評価にプラスされます。
土地の面積と形状 土地の面積や形状によって、査定額が変動します。広くて使いやすい形の土地が好まれるので、評価に反映されます。
接道状況 道路に面している間口が4m以上確保されていないと建物を建築することができません。理想は、5m以上前面道路に面している方がよいでしょう。
私たちラリーケーホームは、高評価のポイントを押さえながらプラス評価をし、マイナス要素は、マイナスをカバーできる工夫もご提案させていただいております。
例えば、建物が傾斜地に建築されていたとしても、日当たりや、眺望がプラス要素としてカバーでき、前面道路に接していない土地は、道路に面していない分、プライバシーや、騒音に悩まされる心配がありません。
このように、工夫や見せ方次第で、マイナス部分をカバーしながら、魅力的な物件へと生まれ変わることも可能なのです。