地域密着で地元に強い不動産屋さんとは

日本には数多くの不動産会社がありますよね。
それぞれに強みや弱み、得意分野などが異なります。
名の知れた大手不動産会社から地域に密着した不動産会社まで数多く存在します。

よく地域密着を掲げている不動産会社がありますが、本当に地域密着の地元に強い不動産屋さんに依頼して良いのでしょうか?
今回は地域密着の不動産会社について解説いたします。

地域密着の不動産会社の種類と特徴

売却専門であれ賃貸専門であれ地域密着を特色としている不動産会社は多いですよね。
地域密着と一言で表しても様々な種類がありますので、代表的な特徴などを見ていきましょう。

POINT 1

該当の地域で営業している不動産会社

大手不動産会社とは異なり該当地域でのみ営業している不動産会社は数多くあります。
地域密着を謳っているものの特別該当の地域に強いことや明確な理由を持って地域を絞っているのではなくあくまでも営業しているのが該当地域というパターンです。

この場合には地域密着しているからこそ地元の不動産市場や様々な情報に通じている、地元での不動産売買に強みがあるというケースは少なく良くも悪くも町の不動産会社という面が強いです。
ただ大手の不動産会社と異なりその地域で長年営業しているため、困った時に相談にしやすいメリットもあります。

POINT 2

大手不動産会社の支店

大手不動産会社が支店を出して地域密着を打ち出すケースもあります。
こちらの場合には大手不動産会社だからこそのネットワークや運営方法を活かしてどの地域でも均一なサービスを安心して受けられる特徴があります。
逆に言えばお店ごとに特徴のある営業スタイルを取ることは難しいケースもあります。

POINT 3

地域を絞って特化して営業している不動産会社

あえて地域を絞って営業している不動産会社もあります。
不動産売買であれ賃貸であれ対象地域を広げようと思えば広げられるものの、あえて対象地域を絞ってより地域に密着した営業をしている不動産会社です。
地域を広げればそれだけお客様が増える可能性も御座いますが、地域ごとの専門性は失われやすくどうしても不慣れで土地勘のない案件にも関わる可能性も高くなります。

お客様に最大限ご満足頂けるように強みを発揮できる地域のみに特化して営業している地域密着の不動産会社です。
例えばラリーケーホームでは大阪府全域の不動産を対象とせずに大東市、四條畷市に特化しています。
広げようと思えば大東市、四條畷市以外にも広げられますが、地域を絞るからこそご満足頂ける不動産売却の仲介が出来ると考えております。

地域密着のメリット

地域密着型の不動産会社を選ぶメリットは何でしょうか?
他の特徴を持つ不動産会社と何が違うのか、地域密着型のメリットをご紹介いたします。

POINT 1

地域に対する専門性が高い

広範囲で営業するのではなく地域を絞って密着しているからこそ専門性も高くなります。
対象地域での不動産市場や価格の推移、移住など人口の増減具合や地域経済についてなどデータとして知っているだけでなく肌感覚としてより詳しい情報に精通していることも多く安心して不動産売買を任せられます。

POINT 2

アフターフォローの充実

地域に根付いて営業しているからこそ不動産会社にとっても地域の方々の評判はとても大切です。
地域に密着していると評判が悪くなれば他の地域で営業すればいいというわけにはいきません。
それだけ1件1件の不動産売買を大切に売主・買主にご満足頂けるようなアフターフォローをしている不動産会社も多いです。
大手と異なり売上の状況が芳しくないからこの地域での支店は閉鎖するといった判断がないため、売主にとっても長い付き合いが出来ます。

POINT 3

お客様に余計な負担をかけない

地域に密着していると全国を対象に営業活動や広告費をかける必要がありません。
営業している地域が広ければ広いほど営業するために大勢の方を採用したり、チラシや広告にも費用がかかります。
費用がかかるということはそれだけ仲介手数料などお客様への負担となって表れます。

地域密着であれば特定の地域でのみ活動出来ればいいため営業のためのコストが減り、仲介手数料の割引が可能などお客様への負担も軽減されます。

POINT 4

地域に根ざしたネットワークを活用できる

地域に密着している利点の1つには地域に根ざしたネットワークが構築できることです。
不動産売買のネットワークにはレインズ(REINS)という不動産業者の方が利用できるネットワークもありますが地域に密着しているからこそリアルな不動産市場の動向やいち早く情報を入手することもできます。

地域密着のデメリット

不動産売買をする上で地域密着の不動産会社は心強い存在ですが、その反面デメリットも存在します。
地域密着の不動産会社のデメリットもご紹介いたします。

POINT 1

地域外の不動産には対応できない

どんなに地域密着で評判の良い不動産会社を見つけても売買の対象となる不動産が地域外だと対応してくれないこともあります。
地域を絞っているからこそ専門性が高いですが、逆に言えば対象外の地域での売却経験や実績が少ないケースもあるため注意が必要です。

POINT 2

大手と比べると安心を感じる点が異なる

地域密着経営の不動産会社は大手と比べると規模も小さくそれぞれの不動産屋で個性もあるため、安心感の面ではデメリットもあります。
どちらかと言えば大手と比べると不動産会社ごとに個性があり、サービスに波はあるでしょう。
その分地域で長年愛されている会社は大手に比べてきめ細やかなサービスを受けられるでしょう。

どんな時に地域密着の会社を選べばいい?

不動産を売却する上でどんな時に地域密着の会社を選べば良いのでしょうか。
特定のエリアに強い不動産会社に相談して売却活動を進めたい方や大手にはないきめ細やかな対応を求めている方にはおすすめです。
地域で長年愛されて営業が出来ている不動産会社はそれだけ高品質なサービスをご提供しているからこそ、地元の方に愛されるには理由があります。

ラリーケーホームは大東市、四條畷市に特化した地域密着の中古住宅専門の不動産売却会社として営業してまいりました。
大東市、四條畷市での不動産売却ならぜひ一度お気軽にご相談ください。

ラリーケーホームへの無料査定はこちらラリーケーホームへのお電話は0120951822

不動産売却についてお悩みの方はお気軽にご相談ください。