信頼できる不動産売却会社の特徴や見分け方・探し方と役割とは

不動産売却において大切なのが、信頼できる不動産売却会社を見つけることです。
殆どの方が不動産売却には慣れておらずご自身で売却活動を行うことはかなりの負担となります。

確実な不動産売却を行うのであれば専門的な知識や豊富な実績を有している不動産売却会社に依頼するのがベストです。
しかしどんなに知識や実績があっても信頼できない不動産売却会社では売却活動は思うように進まないだけでなく、こんなはずじゃなかったと結果的に不動産売却で後悔することもあります。

信頼できる不動産売却会社を見つけられるか否かは不動産売却の成功においてかなりの割合を占めます。
ここでは信頼できる不動産売却会社の見分け方・探し方や役割についてご紹介いたします。

不動産売却会社とは?

不動産の売却を考えている売主に向けて物件や土地自体の査定から売り出し方の戦略、実際の売却活動や売買契約のサポートなど不動産の売却自体が初めての方でも円滑に売却を行えるようにサポートするのが不動産売却会社となります。

売却を専門に行っている会社も御座いますが、買主に向けた不動産の購入サポート業務や賃貸業を行っている会社もあるため
買主の気持ちも考慮した不動産売却が可能となります。

法律上は売主個人が買主を探してきて売却することも可能ですが、売却するケースの大半は不動産売却会社と契約しております。

売主が自力で不動産売却をする方法

売主自身が買主を探す、いわゆる個人売買のケースはどういった手順が必要になるでしょうか。
まず法律上は売主が自由にアパート・マンションや一戸建て、土地を売却することは問題御座いません。

さらに不動産売却会社に依頼しないため仲介手数料等もかかりませんが、その分ご自身で不動産売買における勉強や売却活動をする必要があります。

STEP 1

個人売買 不動産査定

個人売買のケースも不動産売却会社に依頼する場合でも物件の査定は重要です。
どんな分野の相場も日頃から接していれば相場観が養われ、対象を見ればある程度の価格が予想出来ます。
個人で不動産が好きで日頃からチェックしている方であれば別ですが、大半の人は不動産の買取・売却には馴染みが薄く相場観が殆どない状態と言えます。

さらに不動産は物件自体が独立して価格が決まるわけではなく社会情勢や需要、周辺環境などの要因により全く同じ不動産でも場所が変われば価格も変わります。
査定には専門性が求められることが個人売買をより一層難しくしています。

STEP 2

個人売買 売り出し価格や売却戦略の構築

査定もさることながら実際の売り出し価格をどうするかといった問題もあります。
本当は高く売れるはずのアパート・マンションや一戸建て、土地を安く売りだしてしまい売れてはいるが結局損をしてしまう。
逆に売り出し価格が高すぎることによりいつまでも売れずに機を逃してしまうなんてこともあります。

売却戦略も不動産売却には重要になってきます。
値下げはするのか?するならどのタイミングで行うのか。
どういった買主を求めているのか売却のスケジュールはどうするのかなど、初めての不動産売却でいきなり売却戦略を立て計画的に進められる方は稀と言えます。
取引の経験自体が少ない個人売買は経験の少なさがネックになります。

STEP 3

個人売買 売却活動

売却活動を個人で行うには取れる手段が限られてきます。
不動産売却会社であれば店舗やインターネット、広告など幅広い手段を取れますが個人が行うにはどれも制限や費用など難しさがあります。

しかし個人売買の利点であるフットワークの軽さを活かして仲介会社には出来ないアイデアで勝負する方法は御座います。
個人売買の売却活動の鍵はアイデアや売主の熱量によります。

STEP 4

個人売買 交渉・売買契約

不動産の売却は1件あたり数十万 ~ 数億円まで幅広く高額なケースが大半です。
それだけに売主も買主もお互いが損をしない様にそれぞれの立場から交渉を行います。

不動産売却以前に交渉事を殆どしたことない方が多く、専門的な知識を求められる不動産の交渉となると困難を伴います。
そして何より売買契約書の作成やリーガルチェックも個人売買の負担となります。

契約事項に抜け漏れがないか、売主に極端に不利な売買契約書になっていないか。
不測の事態が起きた場合の損害はどうなっているか。

金額が大きいからこそ入念にチェックする必要がありますが、不動産のプロや場数を踏んでいる方でない限りは売買契約書はプロにチェックしてもらうのが無難です。

STEP 5

個人売買 確定申告

不動産で売却益が出た場合などは確定申告も必要になります。
個人でやることも可能ですが、複雑な税金なども絡むため税理士や不動産のプロに依頼するのが安心できると言えます。
以上の事から個人売買は法律上は可能ですが、実際は全てを売主が行おうとするとかなりの困難や負担が発生します。
本業がある方であればお休みの時間を削られ心身共に負担は大きくなります。

では必ず不動産売却会社に依頼しなければいけないのか?というと必ずしもそうではありません。
例えば買主が既に決まっているケース。買主とは話がついていて特定の方に売却するのであれば仲介手数料を支払って仲介会社に依頼する必要はありません。
勿論その場合でも買主が誠実で信頼できる方であることが条件にはなります。
また不動産投資を行っているなど既に不動産売却の実績が多数あり不動産査定から売却まで問題無く行える方。
こういった方も同様に仲介手数料を支払って依頼する必要はありません。

しかし大半のケースでは信頼できる不動産売却会社に依頼することで心身共に負担が軽減され売却自体の成功率も上がります。
特別な事情が無い限りはまずは信頼できる不動産売却会社に依頼することをおすすめしております。

なぜ不動産売却会社が必要なのか

個人売買は法律上は可能ですが、実際に不動産売却を行うには不動産取引に関する豊富な知識や経験が必要です。
不動産売却会社は売却が初めてな方でも安心して納得のできる取引を行うために売却活動全般をサポートしてくれます。

売主が1から不動産の勉強をせずとも専門家が手厚くサポートしてくれるため初めての不動産売却をお考えの方は勿論のことベテランの売主にとっても信頼できる味方として必要な存在です。

ラリーケーホームへの無料査定はこちらラリーケーホームへのお電話は0120951822

不動産売却についてお悩みの方はお気軽にご相談ください。

不動産売却会社が売却において担当してくれること

不動産売却会社は初期の相談から売却活動における全般を担当してくれます。
ここでは担当業務の概要をご紹介いたします。

POINT 1

不動産売却の初期段階での相談受付

「不動産を売ろうと思っているが、どれくらいで売れそうか?」
「相続した不動産をどうするのがベストか」
「不動産を売却したいが住宅ローンが残っていて、その場合どうしたらいいのか」

まだ明確に不動産を売却すると決まっていない相談の段階からでも不動産売却会社は相談に乗ってくれます。
最終的に売却を目指した方が良いのか、もしくは他の道の方が良いのか、信頼できる会社であれば売主の立場になってベストな提案をしてくれます。

1人で抱え込まずに悩むならまずは気軽に相談してみましょう。

POINT 2

不動産の査定・調査

実際に不動産の調査を行いさらに査定も担当してくれます。
売主個人が査定を行うと想いれがある分、相場よりも高く査定することや逆に見落としがあり極端に安い価格を査定することもあります。
プロは第三者の視点で査定を行い豊富な経験やデータベースから最適な調査・査定を実施いたします。

POINT 3

売却戦略の構築

売主のご意向をお伺いした上で今回の不動産を売却するための最適な売却戦略を構築してくれます。
不動産も売りだし価格で売れれば良いのですが、実際には時間の経過と共に価格の変更や買主を見つける方法も変える必要が出てくるケースもあります。

不動産売却自体に慣れが必要なことややみくもに売り出して価格を上下させるのではなく、最初に売却するための戦略を構築してその上でスケジュールや戦略に則り売却活動を進めていきます。

POINT 4

経験を活かした売却活動の実施

個人売買で困難を伴うのが実際の売却活動です。
どうやって買主を見つけるのか、ここも不動産売却会社の腕の見せ所です。

店舗やインターネット・ポータルサイト、広告、人脈データベースなど多数ある方法の中から最適な手段を選択して実施します。
売却会社との契約形態により売主に向けて定期的に営業活動報告書を提出することが法律でも義務付けられており
売主を不安にさせずに適度なタイミングで報告をしてくれるのが信頼できる不動産売却会社と言えます。

POINT 5

売却における不動産の条件交渉

買主が見つかったら場合によっては売却についての交渉が行われますが、ここも担当してくれます。
買主は仲介役である不動産売却会社に向けて「買付証明書」を提出します。

買付証明書には対象の不動産や希望価格、引き渡し時期など買取にあたっての詳細な情報が記載されています。
この買付証明書の内容を基に仲介役の売却会社が交渉を行います。

条件に合わないが今回はこの値段で売却すべきなのか、もしくは粘って他の買主を見つけた方が良いのかなど
売却における重要な交渉事も全て売却会社が担当してくれます。

POINT 6

売買契約書の作成や凍結サポート

不動産の売買において売買契約書の存在はとても重要なものです。
口頭での約束ですと後で言った言わないのトラブルの基にもなります。
きちんと契約書の形で情報を残しておくのは売主、買主双方のためでもあります。

不動産売買契約書は売買価格や手付金、支払い時期や方法、免責事項など今回の売買における約束事を記載します。
これも売主が1から作成するのは負担が大きいため不動産売却会社が担当します。
売主のことを考えずに自社の利益のみを考える不動産売却会社もありますが
不動産売買契約書について分からない点は説明してくれる、または質問したら誠実に答えてくれるかも信頼できる不動産売却会社か否かを見極めるポイントになります。

POINT 7

決済や不動産引き渡しのサポート

契約が凍結されたら決済や不動産の引き渡しなどが待っています。
決済に関しても多額の金額を扱うことや引き渡し自体もそう何度も経験することではありません。

「期限までに振り込まれないがどうしたら良いのか」
「引き渡しまでに何を準備すれば良いのか」
「引き渡しの時は買主に何か手土産を渡すものなのか」

売却活動全般に言えることですが、細かい疑問が出てくることも多いでしょう。
そんな時にも信頼できる頼れる右腕として不動産売却会社がおります。
何度も売却を手掛け数多くの現場を見てきたからこそ、気になった点や疑問は遠慮なく質問してみましょう。

POINT 8

確定申告等のアドバイス

普段から確定申告をしている、という方は少ないのではないでしょうか。
会社員であれば寄付や副業をしていなければ会社が源泉徴収してくれるため大半の方は確定申告する必要がありません。

どういった場合に確定申告をした方が良いのか、不動産売却会社なら親身に相談に乗ってくれます。

POINT 9

不動産売却後のアフターフォロー

不動産売却が終わった後も心配事や悩みが発生したらどうしたら良いのでしょうか。
売主のことを考えている信頼に値する不動産会社なら売却が終わればおしまいではなく適切に相談に乗ってくれるなどフォローしてくれます。
アフターフォローも信頼できるか否かを見極めるポイントの1つです。

不動産売却会社に依頼するメリット

今まで売主の個人売買や仲介を不動産売却会社に依頼する場合などを見てきました。
ここでもう一度不動産売却会社に依頼するメリットをまとめましたのでご覧ください。

POINT 1

不動産売買における作業全般を担当してくれる

不動産売却には査定から不動産引き渡しまで専門的な知識と経験が求められます。
個人でやるととてつもない労力がかかる作業も全て専門家である不動産売却会社に依頼すれば担当してくれます。
面倒な作業も安心してまかせることができるため心身共に負担が減り、個人でも安心して不動産売却が出来ます。

POINT 2

困った時に相談できる心強い味方ができる

売却活動全般で必ずと言っていいほど悩みや疑問、不安な点が出てきます。
そんな時にも仲介役の不動産売却会社なら安心して相談ができます。
何よりも売主のことを考えて売却活動を行ってくれる信頼の高い会社なら積極的に相談してみましょう。

POINT 3

不動産売買の成功する確率が上がる

個人売買はそれだけでハードルが高く買主を見つかる前に挫折する可能性もあります。
しかし信頼ができ頼れる不動産売却会社が見つかり依頼ができれば売買が成功する確率は一気に高まります。

家を建てるなら工務店や建設会社に、裁判なら弁護士に依頼するのと同じように不動産の売却をお考えなら信頼性のある不動産売却会社に頼むことが成功への近道です。

POINT 4

今回だけでなく今後の売買においても頼れる味方ができる

今回の売却だけでなく例えば住み替えのための不動産購入や今後の売買においても
信頼できる不動産売却会社が見つかれば大きなメリットになります。

1から信頼できる不動産売却会社か否かを見極めるのも手間がかかり、実際に依頼してみないと見えない点もあります。
今回依頼することでキチンと信頼ができることが証明されれば次回以降も依頼者にとって頼りになる存在であると言えます。

不動産売却会社に依頼するデメリット

不動産売却会社に依頼するメリットは数多くありますが、同時にデメリットも存在します。
どのようなデメリットが存在するかもご紹介いたします。

POINT 1

仲介手数料や成功報酬など費用がかかる

当然のことながら仲介役である不動産売却会社に支払う仲介手数料や成功報酬などの費用がかかります。
売主ご自身で買主を見つけられる場合は別ですが、この費用を節約しようとしてご自身で全て行うと相当な労力がかかることや売却自体で損する可能性も高いため必要経費と見た方が無難でしょう。
既に買主が見つかっている場合以外は信頼・安心できる不動産売却会社に依頼しましょう。

POINT 2

相性が悪い不動産売却会社と当たる可能性がある

ただでさえストレスのかかる不動産売却ですが、信頼のできない相性の悪い不動産売却会社に依頼してしまった場合に
コミュニケーション自体がスムーズにいかない、売主の希望を全く聞いてくれないなどのデメリットも存在します。
相性の悪い営業担当者や会社と当たってしまった場合は会社を変えるなどの選択も視野に入れましょう。

POINT 3

信頼できる会社を見分ける・探すのに手間がかかる

本当に信頼ができる売主のことを考えている不動産売却会社を見分ける・探すこと自体に多少の手間もかかります。
口コミで評判でも実際に相談してみると何か違うと感じたり、希望している地域では知識が浅い可能性もあります。

不動産売却を成功させるためにも信頼できる仲介役は欠かせません。
手間や時間はかかりますが、ぜひ信頼できる売却会社を探しましょう。

信頼できる不動産売却会社の特徴や見分け方は

これまで不動産売却会社の役割を見てきましたが、では信頼のできる不動産売却会社にはどんな特徴や見分け方があるのでしょうか。
全てではありませんが、これなら信頼できる!という特徴や見分け方を見ていきましょう。

POINT 1

売主の話を丁寧に聞いてくれて見えないニーズも引き出してくれる

アパート・マンションや一戸建て、土地など種類に限らず不動産の売却の主役は売主です。
第3者から見ればただの不動産でも売主にとっては特別な想いがある場合もあります。

長年住んだ不動産や相続した大切な不動産を売却する。
他にも数多くあるただの1つの不動産ではなく売主にとって特別な不動産であることを認識して
売主の話を丁寧に聞いてくれるかどうか、マニュアル通りの対応ではなくキチンを意図をくみ取ってくれるかも信頼できるか否かを見極めるポイントです。
さらに出来れば売主が見えていない言語化できていないニーズまで引き出してくれれば尚良いでしょう。

POINT 2

自社のことを過剰にアピールしてこない

当然のことながら不動産売却会社もボランティアで仲介役をしてくれるのではなく仕事として売上や収益も必要です。
しかしながら自社のことを考えるがあまり売主を置き去りにして自社のアピールばかりしてくる会社は要注意です。

自社の利益になれば良くて売主のことを考えていない、自社にアピールは勿論必要ですが過剰にしてくる会社は売主よりも利益を大事にしている可能性が高いです。

信頼できる不動産売却会社であればまずは売主を第一に考えてくれる姿勢があるかどうかも大切です。

POINT 3

不動産を売らないという選択肢も提示してくれる

仲介役である不動産売却会社は売主と契約して買主に売却することで売上になります。
しかし売主や不動産の状況を鑑みて最終的に売らない方が売主にとってベストな状況も出てくるでしょう。

そんな時に売らないという選択肢を提示してくれる不動産売却会社は信頼できます。
売らない選択肢を取れば自社にとっては不利益になりますが、それでも売主のことを考えベストな選択ができるか?
美容院や床屋さんに行って今は髪を切らない方が良いと言われるようなものでなかなか提案できることではありません。
だからこそ売らない提案をできる不動産売却会社は信頼ができると言えます。

POINT 4

売却活動においてできること・できないことを明確にしてくれる

不動産売却会社は大手・中小や専門性によってそれぞれ強みや弱み、できること・できないことがあります。
例えば大手であれば資金や人材が豊富なため売却活動において取れる選択肢の幅が広がりますし組織で対応してくれます。
中小であれば特定の領域や地域で高い専門性を誇り大手よりもきめ細やかな対応をしてくれる傾向にあります。

1つの不動産売却会社で全てに強いというのは稀で、大半はできること・できないことが存在します。
何でもできます!ではなくできること・できないことを明確にして説明してくれる会社かどうかも見ておきましょう。

POINT 5

資格や知識の確認や口コミや過去の実績も参照してみる

営業担当者や社内にどんな有資格者や知識を持っている方がいるかも見ておきたいポイントです。
宅地建物取引士(宅建)など不動産売買には様々な資格が存在します。
資格を持っているから必ずしも良い会社というわけではありませんが、1つの目安にはなります。

また口コミや過去の実績も出来れば参照してみましょう。
信頼できる不動産売却会社であれば過去の実績なども聞いてみれば提示してくれるでしょう。
但しあくまでも口コミや実績は絶対の指標ではありません。

飲食店の口コミも評価が低いお店も行ってみたら美味しかった、逆に評価の良いお店も行ってみたら正直あんまりだった…なんてこともあります。
不動産売却会社も売主との相性や得意不得意がありますので、あくまでも参考程度に見るくらいに留めてあくまでもご自身がどう思うかで判断しましょう。

信頼のできる不動産売却会社を探す方法

信頼できる不動産会社の特徴や見分け方は見てきましたがでは実際に探す時にはどうすれば良いのでしょうか?

様々な方法が考えられますが、ここでは代表的な探し方をご紹介いたします。

POINT 1

周囲に不動産売買の経験者がいれば会社を紹介してもらう

周囲に信頼のできる不動産売買の経験者がいれば不動産売却会社を紹介してもらいましょう。

実際に仲介を依頼してみないと分からないのが不動産業界ですが
信頼のできる方が既に不動産売買を経験しているのであればどんな会社がおすすめか聞いてみるのも1つの手です。

POINT 2

地域や地元で長く続く評判の会社を見る

地域や地元で長く続いている評判の会社がないか見るのもおすすめです。
不動産業界に限らず飲食店でもアパレルショップでも地元の人の評判はあっという間に広がります。
飲食店であれば「料理が美味しくない」「接客があまりよくない」と評判が立てばお客様が来なくなりお店は続けていけません。

不動産業界も地域や地元で愛され長く続いているということはそれだけ信頼ができる会社である可能性は高いですのでそこから探す方法もあります。

POINT 3

大手会社の地域加盟店を探す

どんな不動産売却会社が良いのか選べない、個人経営の不動産だと信用の面でも怖い…
そんな時には大手不動産会社に加盟している地域店を探すのも1つの手です。

ハウスドゥ、ライフルホームズ、アットホームなど大手会社であれば信用面では利用客や取引事例も多く安心できます。
さらに加盟店の形でそれぞれの地域で独立して運営しているため、大手でありながら地域に密着しているメリットもあります。

大手の信頼と地域に密着している安心感なら地域加盟店もおすすめです。

POINT 4

複数の不動産売却会社を比較する

信頼できる方の紹介であれ自分で探すのであれ複数の不動産売却会社を比較することも忘れないでおきましょう。
どんな会社であれそれぞれに特徴も相性の良し悪しもあります。
大切な不動産を売却するのだからこそ、様々な会社を比較して納得の行く取引になるように慎重に選びましょう。

ここまで不動産売却会社の役割や信頼できる不動産売却会社の特徴や探し方をご紹介してきました。
日常生活と同じでどんな人が信頼できるのか?については人それぞれ意見が異なるかと思います。
大切なのは売却の主役は売主で売主が納得できる取引のために力を尽くしてくれるか、手助けしてくれるかです。

ラリーケーホームでは大阪府大東市、四條畷市の地域に特化しながら丁寧、迅速、安心の3つをモットーに数多くの売主様から信頼と安心のお声を頂いております。
是非大切な不動産の売却を委ねるならラリーケーホームへご相談ください。

ラリーケーホームへの無料査定はこちらラリーケーホームへのお電話は0120951822

不動産売却についてお悩みの方はお気軽にご相談ください。