売却メニュー

仲介売却 Voluntary sale

不動産の売却の種類は、大きく分けて「仲介売却」と「不動産買取」の2種類あります。
大阪府大東市・四條畷市のラリーケーホームが、仲介売却と不動産買取の特徴を説明します。仲介売却は、「できるだけ高く売りたい」と思われている方に当てはまる売却方法となります。
不動産会社が、売主様と買主様の間に入り、交渉事や、契約行為を行います。
不動産買取との徹底的な違いは「売主様の希望価格で売れる」可能性があることです。
地域の特性や、売却時期など様々な要点もありますが、時間をかけてじっくりと希望価格で売りたいと思われている方に適した売却方法です。
不動産会社に売却を依頼する場合、「媒介契約」を締結しなければいけません。媒介契約には3種類あり、下記は媒介契約の種類となります。

契約の種類 仲介の依頼先 売主が自ら買主を探した場合 報告義務とレインズ登録
専属専任媒介契約 1社の不動産のみと媒介契約を締結。複数社依頼は不可 媒介契約を交わした不動産会社を介しての売買契約となる 媒介契約締結後5営業日以内にレインズの登録。
売主に1週間に1回進捗状況の報告義務あり。
専任媒介契約 1社の不動産のみと媒介契約を締結。複数社依頼は不可 不動産会社を通さずに直接売買契約可能 媒介契約締結後7営業日以内にレインズの登録。
売主に2週間に1回進捗状況の報告義務あり。
一般媒介契約 複数社と媒介契約を締結できる 不動産会社を通さずに直接売買契約可能 特に定めなし

不動産買取Real estate purchase

「早く売って現金化したい」、「ご近所に知られず売りたい」といった、早々に周囲に認知されずに売りたいとご希望の方には、不動産買取がおすすめです。
不動産買取とは、買主が不動産会社となり、現金で買い取る売却方法になります。
仲介売却よりも、売却値は下がりますが、短期的に売却できること、また、折り込みチラシや、インターネット情報に掲載する必要がありませんので、売却価格など知られたくない情報が漏れる心配もありません。
他にもあります!こんなメリット
買取メリット 概要
仲介手数料がかかりません! 仲介とは違い、買取は、不動産会社が買主となるため、契約時の仲介手数料は発生しません。
プライバシーを守れます 広告宣伝の必要がない買取は、ご近所や周囲に情報が漏れない安心があります。
早期に現金化可能 買主が不動産会社になり、不動産会社からの提示価格に承諾をすれば、早々に現金化も見込めます。
住み替え時期が決まっている場合も安心 買主探しが不要となるので、購入希望者を待つ必要がありません。そのため、住み替え等の時期が決まっている場合は計画的に動けます。
クリーニングなどの必要はなし、現状でOKです リフォームや、クリーニングなど、余計な出費をかける必要はなく、現状のままで売却可能です。
契約不適合責任なし 仲介のように、中古不動産を売却する場合は、売主が契約不適合責任を負うことがあります。しかし、買取の場合は、この責任を免除されます。

任意売却Voluntary sale

住宅ローンの返済でお困りの場合は、「任意売却」をラリーケーホームにご相談ください。
住宅ローンの滞納が長引くと、不動産は競売にかけらえ、市場よりも安い価格で取引きをされてしまいます。
任意売却は、市場に近い価格で売却をし、残債を一括返済することが可能となります。
任意売却のメリット
任意売却のメリット 概要
競売よりも高く売却できる 任意売却の場合は、競売と比較すると、市場価格に近い価格で売却することができます。
ローンの返済について交渉できる 返済プランの相談ができるので、ご自身の無理のない範囲で交渉可能です。
プライバシーの配慮 一般的な不動産物件の営業活動が不要のため、周囲に認知されることなく売却できます。
引っ越し費用の交渉 交渉次第では、売却費用の一部を、引っ越し費用に確保することもできるので、再スタートを切ることができます。
売却後も居住できる可能性もある こちらも交渉次第ですが、売却後も不動産を借りながら、引き続き居住できるケースがあります。
ここでポイント!競売とは?
任意売却と同じように、ローンの返済が滞ったときに、金融機関が、裁判所を経由して、強制的に不動産を売却することを競売と言います。
競売にかけられると、市場価格よりも3〜5割程度安く売却され、残債をきれいに整理することが出来ません。

相続Inheritance

ご両親から相続によって受け継いだ不動産は、そのまま誰も住まずに放っておくと、自治体から特定空き家指定を受ける場合があります。
また、特定空き家指定を受けると、固定資産税が軽減措置対象から外され、大幅に増税をされる可能性があります。
もし、将来的に居住をせず、どうしようか迷っていらっしゃるなら、売却を視野に入れてみるのも一つの方法となります。
大阪府大東市・四條畷市のラリーケーホームが相続をした不動産の売却について説明します。
相続税評価額の計算方法
マンションにおいては、土地と建物を分けて相続税評価額を計算します。
また、多くの分譲マンションは専有部分と共有部分に分けられており、共用廊下や庭などはご自身の持分ではありませんが、相続税評価額の計算は共有部分も含まれるので注意が必要となります。
相続税評価額計算方法
〜土地〜
土地の相続税評価額計算方法は2種類に分かれています。
尚、土地の相続に関しては、かなり専門的な知識が必要となりますので、相続に詳しいラリーケーホームにご相談ください。
計算方式 計算式 どのような土地の場合
路線価方式 路線価×補正率・加算率×地積 主に市街化にある宅地の場合(路線価が定められている地域)
倍率方式 固定資産税評価額×倍率 主に郊外にある宅地の場合(路線価が定められていない地域)
〜建物〜
マンションの建物の相続税評価額は、固定資産税と同額となります。
また、固定資産税評価額は、「課税証明書」か、「固定資産評価証明書」で確認ができるので、事前に準備しておきましょう。
司法書士のご紹介
相続不動産の売却については、司法書士の管轄手続きが多く、ご自身で全てを行うことは限界があります。
ラリーケーホームでは、豊富な実績を持つ司法書士をご紹介できますので、お気軽にご相談ください。

売却後も住み続けられるリースバックLeaseback

通常、ご自宅を売却された場合は、売却後、速やかに退去をしなければいけません。
しかし、退去をしたくない、また、経済的な理由で退去ができないという際に、退去をせずにそのまま住み続けられる
ハウスリースバックというシステムがあります。
現在の生活環境を変える必要のないハウスリースバックについて、大阪府大東市、四條畷市のラリーケーホームがお伝えします。

このようなお悩みの方へおすすめ

退職後の貯蓄に不安を抱いているので、老後の蓄えとして利用したい
住宅ローンの返済が厳しいので、ローンの支払いに考えたい
相続対策として財産の整理を考えている。早々に現金化したい
事故や病気など、万が一の備えとして利用したい
ビジネスで資金が必要になり、その費用として活用したい
ハウスリースバックはメリットがたくさんあります。
メリット 詳細
買取代金は一括支払い 物件はハウスドゥが一括買取をするので、代金を有効にお使いいただけます。ライフプランを計画的に立てることができ、賃料に充てることも可能となります。
ご近所に知られません 一般的な売却ではなく、ハウスドゥの買取になるため、販売活動は不要となります。そのため、ご近所に知られることなく居住し続けることができます。
将来再度購入できます 期間の定めなく、将来再度ご購入したいタイミングで再購入をすることが可能です。
固定資産税不要 固定資産税の支払いは所有者が支払う義務があります。ハウスリースバック後は、使用者に変更となるため、固定資産税の支払いは発生しません。
仮住まい等は考える必要なし 買い替え等の場合は、新居入居までの間、仮住まいを探す必要がありますが、その手間が省けます。
引っ越し費用や保証人不要 ご自宅売却の場合は、引っ越し費用や保証人を探す必要も出てきますが、そのまま住み続けられるハウスリースバックには、必要ありません。
金融審査がありません ハウスリースバックは、金融機関の商品ではないため、難しい審査は不要となります。
住宅ローン返済が残っていてもOK 住宅ローン残債の有無や、抵当権の有無に関わらず、ご利用が可能となります。※詳しくは、ラリーケーホーム窓口にお問い合わせください。
※ラリーケー株式会社は、ハウスドゥのフランチャイズ加盟店です