◇不動産売却についてのノウハウ集◇ Vol.10~媒介契約とは~【大東市・四條畷市で家を売るなら】

/ / 【損しない為の不動産売却】ノウハウ集

こんにちは。

ラリーケーホーム(ハウスドゥ!大東野崎店)の金井です。

外出や休業の自粛要請もようやく緩和し、コロナも収束に向かっております。

今回は、自宅売却についてのノウハウ集の第10弾として、実際に売却をされる時に不動産業者と締結する『媒介契約』について説明します。

【媒介契約とは】

媒介契約とは、不動産会社に不動産の売却を依頼する契約のことです。

不動産会社は、この依頼内容を書面で売主さんに交付する義務があります。

そして、この媒介契約をもとに、不動産の売却活動に入っていきます。

媒介契約では、主に次のようなことが取り決められます。

・誰がどの不動産会社に売却を依頼するのか

・どの物件の売却を依頼するのか

・いくらで売却するのか

・売却を依頼する期間はいつからいつまでか

・売却の依頼を受けた不動産会社の売却活動はどのようなものなのか

・売却が決まったときの不動産会社に支払う手数料は、またその時期は

と、かなり簡単にまとめましたが、媒介契約書にはこのようなことが書かれています。

もちろん、詳細についてはきちんと条文にまとめられています。

また、この条文や媒介契約は、不動産会社が都合のいいように決めたとしても「依頼者売主に不利な条項は無効とする」としています。

「なるほどわかった。じゃあ早速媒介契約を結ぼうじゃないか」といきたいところですが、たいていの売主さんはここで迷います。

媒介契約を締結するときに悩むのです。

なぜなら媒介契約は1種類ではありません。

3種類の方法の中から 1つを選ぶ必要があるからです。

その3つの媒介契約は、次の通りです。

①一般媒介契約

・依頼者売主が「依頼した不動産会社」以外の「他の不動産会社」に重ねて媒介を依頼することが原則的に自由である。

数社に並行して売却を依頼できる。

・依頼者自身が、自分で買主を発見し、直接契約することが原則的に自由。

②専任媒介契約

・依頼者が他の宅地建物取引業者に重ねて依頼することは禁止。

1社限定で売却を依頼する

・依頼者自身が、自分で買主を発見し、直接契約する事は一般媒介契約と同様に自由。

③専属専任媒介契約

・専任媒介契約と同様に、他の不動産会社に重ねて売却を依頼できない。

1社限定で売却を依頼する

・さらに依頼者自身が、自分で買主を発見し、直接契約することも禁止。

このように媒介契約は3種類あります。

そしてこの3つのうち、どの媒介契約が依頼者である売主さん自身にとって有利なのか、メリットがあるのかを悩むのです。

それぞれ色々なメリット・デメリットはありますが、ここで一番大事なのは、任せる「担当者(不動産会社)」が信頼できるかどうか。

この人であれば!という営業マンに売却を任せるのが一番重要です。

不動産業者の中にはこの媒介契約が3種類あると言う事も説明しないところもあります。

そういう業者には要注意です!

自宅の売却や相続、その他のお問い合わせはこちらまで

ラリーケーホーム(ハウスドゥ!大東野崎店)
0120-95-1822 金井まで

———————————————-

大東市、四條畷市の戸建て、マンション、土地を買うなら、売るなら「ラリ-ケーホーム」(ハウスドゥ!大東野崎店)へ!!

大東市、四條畷市に特化した地域密着のお店です。

【大東市】赤井、曙、明美の里町、泉町、栄和町、扇町、大野、学園町、川中新町、北楠の里町、北新町、御供田、御領、幸町、三箇、三洋町、新田旭町、新田北町、新田堺町、新田中町、新田西町、新田東本町、新田本町、新町、末広町、住道、大東町、太子田、大字龍間、谷川、津の辺町、寺川、大字寺川、中垣内、大字中垣内、中楠の里町、南郷町、錦町、西楠の里町、野崎、大字野崎、灰塚、浜町、氷野、平野屋、平野屋新町、深野、深野北、深野南町、北条、大字北条、朋来、三住町、緑が丘、南楠の里町、南新田、南津の辺町、諸福

【四條畷市】江瀬美町、大字逢阪、岡山、大字岡山、岡山東、大字上田原、雁屋北町、雁屋西町、雁屋南町、北出町、大字清瀧、清滝新町、清滝中町、米崎町、さつきヶ丘、蔀屋新町、蔀屋本町、大字下田原、砂、田原台、塚脇町、中野、大字中野、中野新町、中野本町、楠公、西中野二丁通町、美田町、南野、大字南野、緑風台

———————————————-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です